スタッフブログ

グランドセイコーフェア開催中 SBGH266お手に取って頂けます!! 愛知県江南市(株)サカイ本店

今年は9Sメカニカル20周年記念アニバーサリーという事で限定品が多く発売されましたその中で大注目だったのは間違いなく「VFA」の復活ではないでしょうか?

「V.F.A.」とは「Very Fine Adjusted」の略である。その特徴は、超高精度であること。クロノメーター検定よりもはるかに高い精度を実現。精度検査も6姿勢で行われた。当時のGS検定では平均日差を-3~+5秒に設定していたが、V.F.A.ではなんと機械式腕時計では前例のない「月差-1分~+1分」を実現した。搭載するムーブメントは、グランドセイコー用のCal.6185、6186(自動巻)とCal.4580(手巻)を使用。極めて厳格な精度規格と品質管理のもとに、特に選ばれた専門の技能者が高度な技術に裏づけられながら入念な組立・調整を行い、最高精度を目指したのだ。

しかし、時代の流れは既に変わり始めていた。当時のセイコーにおける機械式腕時計のトップセラーのひとつは1963年に誕生した「セイコー スポーツマチック 5」であり、これは通常のグランドセイコーの1/3以下の価格だった。“高精度”は技術の高さをアピールできるが高価になってしまう。1968年当時、国家公務員の初任給が2万5000円程度だったときに、自動巻の61GSは3万7000円~4万円であり、市場を大きく拡大することは難しかったのだ。しかもクオーツ式腕時計の開発が急ピッチで進められており、もはやグランドセイコーも時代の変化を感じざるを得なくなりつつあった。

だがその逆風が技術者の気持ちを鼓舞したのだろう。コンクール時計の技術を活用して生まれた超高精度腕時計V.F.A.は、1969年に発売される。1960年に誕生したグランドセイコーは、わずか9年という短期間で、高精度機械式腕時計の最高峰へとたどり着いたのだった。

以上HPより抜粋

セイコー腕時計の歴史上最も偉大な製品だと私個人としては思っております。

今回のVFA、ご存じの方も多いかと思いますが企画が始まったのは数年前、9S85のハイビートキャリバーの中でも固体の良い物をピックアップして集約し再調整しその中でも固体の良い物に「VFA」の称号をあたえそれ以外の物には「SPECIAL」スペシャルの称号をあたえられSBGH266となりました。

これは今までのスペシャル規格の特別調整モデルではなく限りなくVFAに近いスペシャル規格と言えるでしょう。

特に価格の面においては差が大きくVFA規格のSBGH265はプラチナケースで¥5,500,000+税ですが

スペシャル規格のSBGH266はK18ケースで何と¥2,800,000+税と約半額です!!

限定本数150本、マスターショップ全国140店舗ですので約一店舗に1本ですので非常に希少価値の高い1本となります。

グランドセイコーフェア期間ご覧頂けるようになっておりますので皆様是非お気軽にご来店下さいませ。

SBGH266  ¥2,800,000+税

外装 : 18Kイエローゴールド

裏ぶた:18Kイエローゴールド+サファイアガラス

ケースサイズ : 縦 39.5mm × 厚さ 13mm

ムーブメント : 9S85 メカニカル 自動巻(手巻つき)
駆動時間 : 最大巻上時約55時間持続
精度 : 静的精度:平均日差+4秒~-2秒 (携帯精度:平均日差+8秒~-1秒)
防水 : 日常生活用強化防水(10気圧)
耐磁 : あり
中留 18Kイエローゴールド
裏ぶたシリアルナンバー入り
スペシャル規格

お問い合わせはこちらをクリック