スタッフブログ

グランドセイコーの電池交換について(強化防水時計の電池交換)  愛知県江南市(株)サカイ本店

ここ最近の腕時計はソーラー時計が多くなり電池交換をする機会が少なくなってきました。

しかし、高級時計と呼ばれる腕時計は一次電池式クォーツ時計、もしくは昔ながらのメカニカル時計がメインとなってきます。(ソーラー時計でも非常に高価なものもありますが…)

大抵の電池式クォーツ時計は2~3年で針の動きが止まります。(EOL機能により秒針の動きが変わってから止まるものもあります。)

その際に皆さんはどうされますか?

行きつけの時計屋さんで替えられるか、メーカー送りにて対応するか、はたまた町の便利屋さんで交換されるか器用な方はご自分でやられる方も見えるかも知れませんね。

しかし、グランドセイコーをはじめとする高級クォーツ時計はやはり、時計修理技能士が居る時計屋さんもしくはメーカーでの電池交換がベストではないでしょうか?

クォーツ時計はメカニカル時計に比べパーツ数は少ないですが精密機械である事に違いはありません。

蓋をあけた際に埃が混入する、指紋が付く等で機械不良になる事は大いにあります。

特に防水性に関しては気をつけなければなりません。

裏蓋を一度開けた時点で本来時計が持っている防水性能と言うのは維持されているかどうかは目で見て判断出来るものではありません。

 

 

良く、お客様から「パッキンを交換すればいいんでしょ?」という言葉をお聞きしますが実際パッキンを替えたからと言って防水性が維持されているかどうかは熟練の修理技能士であっても目で見て判断する事は出来ません。

必ずパッキンの交換、グリスアップは勿論の事、機械にかけて防水性が維持されているかどうかをチェックする必要があります。

メーカー送りであれば必ずその点はチェックした上でお客様にお渡しする事が出来ますが、そうでない場合は上記のポイントすら説明されず電池交換が行われている事は多々あるようです。

高級時計であればある程水入りした場合のオーバーホール代も多額になってきますので定期的なメンテナンスを行う事でそういった点を気をつけることで大きな出費も抑える事が出来るのではないでしょうか?

江南サカイ本店では20気圧までの測定機械を持っておりますので防水時計も安心して電池交換をして頂く事が出来ます。

勿論契約メーカーに関しましてはメーカー電池交換も対応しておりますのでご希望に合わせてしっかりとご対応致します。

たかが、電池交換、されど電池交換ですので電池交換をお値打ちに行ってくれる便利屋さんは多くありますが是非、腕時計の電池交換の際は江南サカイまでご相談下さいませ。

お問い合わせはこちらをクリック