スタッフブログ

要注意!結婚指輪を紛失しないための工夫について

結婚指輪は二人が結ばれた証であるのはもちろん、夫婦として過ごしてきた思い出もつまっている大切なものです。
そのため、紛失してしまったときの悲しみは非常に大きく、パートナーに対して申し訳ない気持ちで一杯になってしまうでしょう。
探したら幸運にも見つけることができた、という場合もありますが、残念ながらそう上手くはいかないことが多いです。
探す手間などを考えたら、そもそも紛失しないよう工夫することが必要になります。そのためにはまず紛失しやすいケースを把握することが重要です。

 

まず多いのが、指輪を外してしまったらどこにいったのか分からなくなったというケースです。
ほとんどの人は日常的に結婚指輪を身につけているものの、料理中や入浴中、寝るときなどは外してしまう方が多いでしょう。
また、外出先などで指を怪我するといったイレギュラーで外してしまうケースもあり、こういった場合は、家で紛失するよりも見つけにくくなります。

 

もちろん指輪を外さなくても紛失してしまうことはあり、例えば水仕事中はうっかり取れてしまい、そのまま流されてしまうケースもないわけではありません。
他にも長年使い続けた結果サイズが合わなくなってしまい、何かの拍子に指から抜けてしまうこともあるでしょう。

 

紛失しないための工夫としては、とにかく結婚指輪を外さないようにすることです。
いつでも身につけてさえいれば、まず紛失してしまうことはありません。
指から抜けやすくなっていないかサイズに注意すれば、うっかり外れてしまったということもなくなります。

 

外さなければいいとはいっても、結婚指輪を傷つけたくない場合や仕事の都合で外さなければならないこともあるでしょう。
そんなときは、きちんと保管場所を決めることで、紛失のリスクを減らすことができます。
いつでも同じ場所にしまっておけば、どこにいったのか分からないこともなくなります。ただしポケットなどに入れると、かえって落としやすくなる場合があり注意が必要です。

 

とはいえ、どうやっても紛失してしまうこともあるでしょう。
すぐに探せば見つかることもありますが、なかなか出てこないことが多いでしょう。紛失してしまった場合は、もう一度購入するのも手です。
同じものを買いなおすのもいいですし、ブランドによっては紛失保証がついていることもあります。
最近では結婚指輪を買い替える夫婦も多いため、これを機会に思い切って新しいデザインのものを購入するのもいいでしょう。

 

人生を彩る結婚指輪、誤ってなくさないように、なくしたとしても悲観的になりすぎないように、ぜひ今回ご紹介したことを参考にしてください。