スタッフブログ

あなたは知っていますか?結婚指輪と婚約指輪の違いについて

 

二人の新しい人生の門出を迎えるに当たって、欠かせないジュエリーといえば婚約指輪と結婚指輪です。
これらは似ているようで似ていない、それぞれが意味のある指輪です。

 

結婚という大事な約束を意味する婚約指輪と、結婚生活を末永く送る為の結婚指輪は、その意味合いと役割の違い、デザイン性の違いに価格の違い、さらには用意するタイミングの違いまでを理解する事で指輪の存在価値も上がります。
今回は、この2種類の指輪の違いについてご紹介します。

 

婚約指輪は、はエンゲージリングとも言われ、結婚を約束した男女間で交わされる証明としての意味があります。
用意されるタイミングは、結婚を決意した男性が女性にプロポーズをする時に差し出せるように準備されるが多いです。

 

指輪を贈る事で互いの気持ちを確認し、結婚に向かって一緒に歩んでいきます。
男性から女性に贈られるその指輪は愛の誓いの証としての意味を持ち、存在感のある見栄えのする美しいデザインで作られた物が喜ばれます。
特に、ジュエリーとしての魅力を最大限発揮するダイヤモンドをあしらった指輪は、その美しさと輝きによって贈られた女性に輝きをもたらしてくれます。
結婚という喜びが婚約指輪によって実感出来るので、その役割は大きいです。

一方、結婚式や入籍後に交換し、その後の結婚生活に存在感をあらわすのが結婚指輪です。
この指輪の意味や役割は婚約指輪とは事なり、結婚式でお互いの薬指にはめた時から結婚という現実において、既婚者であるという意味を実感させ周囲に知らせる意味合いもあります。
結婚指輪は女性だけでなく男性もはめる事が一般的なので、ペアリングとして用意する事が多いです。
デザイン的には婚約指輪の華やかな雰囲気とは異なり、日常使うものとして邪魔にならないように、シンプルなデザインで作られる事が一般的です。
基本的に結婚生活において常に身につける事が多いため、普段の生活の中で指に馴染みやすい指輪が好まれます。

このように豪華で華やかな石をあしらったデザインの婚約指輪とシンプルで飽きのこない普段使いの結婚指輪は、それぞれの役割をもって存在しています。
価格としては、婚約指輪の場合は、30万から40万辺りの価格の物が多いようです。余り高すぎず、安すぎずといった所でしょうか。お給料の一月分に少し上乗せした額と言えます。
一方結婚指輪はペアリングであれば、10万から30万位のものが選ばれています。婚約指輪に比べてシンプルなデザインのため、このような価格になるのでしょう。

どちらの指輪も結婚の証に違いはありません。
価格だけにこだわらず好みのデザインを選び使い続ける事で、婚約・結婚の喜びを実感していくことができるでしょう。