スタッフブログ

「自分だけの一本を持ちたい!」方におすすめの高級腕時計ブランド

 

みなさんはどのような基準で腕時計を選ばれますか?
ただ「時間を知る」ためだけでしたら、1000円程度の時計でも十分なはずです。おそらく皆さんはその時計についてくるブランドイメージやデザイン、機能性、個性、認知度などを基準とされているのではないでしょうか。

ですが、「他の人と同じ物は持ちたくない」という方もきっと多いと思います。
そこで今回は、広く知られブランドイメージの強い高級腕時計の中から、個性的で「あなたらしさ」を演出するための腕時計ブランドをご紹介していきます。

・SEIKO GALANTE
セイコーといえば日本の誇る最高級時計ブランドですので認知度も抜群ですね。
セイコー社は、高級路線ではその他にも「グランドセイコー」「クレドール」などがありますが、その中でもセイコーガランテだけは異彩を放つブランドとなっています。

ガランテは「非日常での感情の発散」ことをテーマに数々の個性的なモデルを展開しています。
一般的に日常で見られる腕時計のイメージから離れることをテーマにしているので、まさに自分らしさを追求するにはうってつけなブランドですね。

・カンパノラ
カンパノラはCITIZEN社より出せれている高級腕時計ブランドです。
「時を知る」だけではなく、「時を愉しむ」「日常を愉しむ」「個性を愉しむ」ということをテーマに挙げており、これらの要素を楽しむための数多くの工夫が他のブランドでは見られない大きな個性となっているようにみられます。

では、どのような工夫があるのでしょうか?
今回はカンパノラのモデルのひとつ、「COSMOSIGN CTV57-1231」を例に挙げてご紹介します。
カンパノラ COSMOSIGNモデルでは、時計盤にまるで切り取ってきたかのような星空がデザインされているのが大きな特徴です。
写真をご覧になれば、その幻想的な時計盤に魅了されること間違いなしだと思います。
こちらはただのデザインだけでなく、時間の経過にあわせて時計盤が回転し、実際に星座盤や月盤として利用することも可能など実用性にも優れていますね。

・ボールウォッチ エンジニアマスターモデル
ボールウォッチはアメリカで産まれ、「あらゆる環境の下で正確に時を告げる」ような時計を製造することをテーマに掲げるブランドです。
「自分らしくあれ」というミッションを会社自体が掲げているため、この会社のあり方自体が独創的と言えるかもしれませんね。
実際のラインナップも、その耐久性と個性的なデザインが人気となっています。

今回はその中でも特にデザインが人気となっている「エンジニアマスターモデル」から「エンジニアマスターⅡ ダイバーⅡ」をご紹介します。
こちらの時計盤は黒字に白文字と視認性が良いことも特徴ですが、0分〜15分目盛りまでが白色で縁取られていることで爽やかな印象を受けます。
また、「ギョーシェ模様」と呼ばれる波打つかのような縞模様が時計盤に掘られており、高級感を与えるだけでなく光の反射を抑える役割を果たしています。
ボールウォッチのテーマである、あらゆる環境への適応と個性を同時に表しているのですね。

いかがでしたでしょうか。
個性的な腕時計を扱うブランドはいくつかありますが、自分だけの好みというものは人によって異なります。
他の人とは違ったものをつけたい、自分だけの一本を見つけたい人の助けになれば幸いです。