スタッフブログ

12月の誕生石 〜タンザナイト編〜

 

今回も12月の誕生石の1つ、タンザナイトをご紹介します。
こちらも前回までに紹介した2つの誕生石と同様に青系統の宝石です。
12月のイメージからか寒色が続いていますね。でも石によってその青みも違ってくるのが面白いところですね。

みなさん、タンザナイトという名前を知っていても、なかなかどういった宝石なのかご存知ないのではないでしょうか?
実は、タンザナイトは比較的最近発見された宝石であり、非常に若い歴史の宝石となっています。

なんと初めて採掘されたのが1967年で、しかも世界中でたった一箇所、タンザニアでしか発見されていないため非常に貴重な宝石となっています。
タンザナイトという名前もこの採掘場所のタンザニアから来ているのですね。
発見されてまもなく、あの有名ブランド「ティファニー」に注目され、1980年代にはアメリカで爆発的に流行するなど、その美しさも一級品です。

その色味は美しい青紫色をしており、「多色性」という特性を持っています。
この特性は、見る角度によってこの宝石の持つ青や紫といった色味の強さが変化し、周囲の明るさによってもその印象が大きく変わります。
日中の明るい空の下では透明感のある綺麗な青色を、薄暗いライトの下では高級感のある煌びやかな紫色に輝きます。

その人気を裏付ける要素の一つに、美しさ以外にその希少性も数えられています。
採掘地が限定的なため、「ダイヤモンドの1000倍希少である」とされ、現代のセレブが非常に注目している宝石の一つとなっています。

タンザニアでしか発見されていないため、数年後にはタンザナイトは掘り尽くされるとみられており、そのことでも話題となっています。
タンザナイトの生成は非常に珍しい現象が原因とされており、ひょっとすると将来は入手困難となるかもしれませんね。

また、タンザナイトは精製する際に加熱処理を行い、その際にも稀に赤や緑などの珍しい発色を起こす場合があり、そのタンザナイトはファンシーカラーとして扱われより珍しく美しいものとしてコレクターに非常に人気があります。

タンザナイトはご説明した通り、かなり新しい宝石ですので伝承や歴史はあまり多くはありません。
ですが、その深い美しさ、希少性や今後価値が高まる可能性から贈り物として非常に喜んで貰える宝石であることは間違い無いでしょう。
「ダイヤモンドの1000倍希少だよ」なんていうと、びっくりされちゃうかもしれませんね。