スタッフブログ

12月の誕生石 〜ターコイズ編〜

 

12月には誕生石が3つあります。ターコイズ、ラピスラズリ、タンザナイト。
すべて冬の気温に合った寒色の青色の宝石ですね。

今回はその中の「ターコイズ」についてご説明したいと思います。

ターコイズは危険や他人の悪意などを払いのけ、幸運を引き寄せる力があると言われていて、
危険から身を護るためや、無病息災を願うためお守りとしても重宝されているそうです。
また、それが転じて「友情の石」と呼ばれる程、プレゼントとしても多く贈られている宝石の一つと言えます。

ターコイズの歴史は非常に古く、人類が初めて掘り出した宝石の一つだと言われています。
そのため多くの採掘場ではターコイズが枯渇してしまっていますが、別名「トルコ石」とも呼ばれるように、現在でも西アジアを中心に、イランやエジプト東部のシナイ半島を他メキシコやアメリカ南西部などで産出されています。
ターコイズが広まったのは、ヨーロッパで十字軍が起こった頃とされていて、その際にトルコ系王朝から伝わったものだと思われます。

その青色は「ターコイズブルー」と言うように、青の色味を指す言葉として世界中で定着しています。
パステルカラーのような淡い青色が最もみなさんのイメージに近い色だと思いますが、含まれる成分量や産地によって緑がかっていたり、青が濃く出たりすることもあります。
例えば、一般的にエジプト・シナイ半島で採れるターコイズは緑色が強く色褪せない。アメリカのカリフォルニアで採れるターコイズは鉄分量が多く緑や黄色が強いなど、同じターコイズでもその特徴に違いがあるそうです。

また、ターコイズは光沢が少なく、艶のない色をしています。
そのためファッションカラーとして用いられる際には、あまり派手すぎず落ち着いた印象を与えることができ、ワンポイントとしても非常に使い易いです。
ティファニーなどのブランドでもよく用いられているのにも納得できます。
ターコイズブルーのことを「ティファニーブルー」と呼ぶことも多いみたいですね。

そんなターコイズの宝石言葉は「成功」「繁栄」、その他にも「健やかな体」「安全」など、これからの寒い季節には気をつけたい言葉が含まれています。

なんだか、ターコイズにはハッピーなイメージが満載ですね。
自分で身につけるにもよし、友達や家族への贈り物にもよし。
ターコイズと共に幸せな冬をお過ごし下さい。