スタッフブログ

世界でも評価されているグランドセイコーの魅力とは

 

日本の高級腕時計ブランドであるグランドセイコーは日本国内ではもちろんのこと、世界中の方に愛されています。その評価は本場スイスにも劣らないほどです。

多くの方から愛されているグランドセイコーは、愛されるだけの数々の魅力があります。
ここでは、日本が誇る高級腕時計ブランドのグランドセイコーの魅力について、ご紹介していきます。

・実用時計の最高峰
グランドセイコーは、まだ腕時計と言えばスイスといった風潮が色濃く残っていた1960年に誕生した日本のブランドで、そのコンセプトは「最高の普通」と「実用時計の最高峰」となっています。
グランドセイコーの腕時計は、比較的シンプルなデザインのものが多く、不必要な装飾を施さないデザインです。
それ故にごまかしがきかない洗練された美しさが秘められていますが、これを実現できている理由が日本人が誇る最高峰の職人技術によるものにあります。

・専門技術者の職人仕事
専門の時計師集団によって作られる腕時計は、その時代に応じた最高峰の職人技術が集約されています。
部品生産から組み立てに至るまでを、全て日本国内で行う完全メイドインジャパンの腕時計となっています。
その高い技術はスイスのニューシャテル天文台で開催されたクロノメーター検定とコンクールにおいても高い実績を上げています。

。スイス主体のコンクールで活躍する日本メーカー
このコンクールは元々スイスの時計技術を世界に発信するといった意味合いが強かったのですが、そのコンクールにおいても1964年に初出展を果たして、4度目の挑戦では2位の座を獲得するに至りました。

・最高の職人技術によって生まれた「ひげぜんまい」
200から300点ものパーツによって作られる腕時計は製造機械のみでは到底作り上げることはできず、最高峰の職人技術によって手作業で作り上げられています。
中でも精度の要となっているのが「ひげぜんまい」の調整で、非常に繊細な力加減が要求される調整は、機械では行うことができず、ミクロン単位の渦巻きの調整ができるのは最高峰の職人技術によるものです。

・目標は打倒・スイス!
これだけ精密なグランドセイコーはスイスのバーゼルで行われている宝飾と時計の祭典でも毎年新作コレクションを発表しているのですが、そこでも最高レベルの実用腕時計ブランドとして多方面から評価されていて、創業当時の打倒スイスの目標を達成していると言えます。

このように日本国内だけではなく、世界中の方から愛されていて世界的な高級腕時計ブランドとしての地位を確立しています。
今現在では日本国内だけではなく、海外でも多数の有名人が愛用していて、さらにグランドセイコーの名が知られるようになりました。

ワンランク上の自分を目指すなら、グランドセイコーの時計を手に取ってみてはいかがでしょうか。