スタッフブログ

カンパノラ「COSMOSIGN」モデルの魅力とは?

 

まずは、CITIZEN社の人気ブランド「カンパノラ」についてご紹介します。
カンパノラはただ「時を知る」だけでなく「時を愉しむ」「日常を愉しむ」「個性を愉しむ」をテーマに様々なモデルを展開されています。
その名前は南イタリアの小さな街にある、時刻を知らせる「カンパノラベル」に由来し、その鐘は初めて人々に時を知らせたと言われているそうです。

そして今回ご紹介する「COSMOSIGN(コスモサイン)」モデルは、カンパノラベルから始まる「人と時のつながり」を強く意識させる作りとなっています。
コスモサインには、「星座盤モデル」と「月齢盤モデル」と呼ばれる型が用意されており、時計盤にまるで宇宙のような天体や星座がデザインされており、非常に幻想的でどこかロマンチックな雰囲気を持っていることが共通する最も大きな特徴です。

「星座盤モデル」では、その盤上にデザインされた天体は表面温度や明るさによって忠実に表されています。
なんと14つもの星座盤や月盤をこの小さな腕時計の中で合わせて精密に表現されているというので驚きますね。
時の流れに合わせて、時計盤が回転し、リアルタイムに星座を映し出すことが可能となっています。

「月齢盤モデル」では、ただそこに星空を映し出すだけでなく、月齢を表示することはもちろん、太陽と月の位置を知る、月の満ち欠けを表示する「ムーンフェイズ機能」、さらには太陽の出没時刻を表示する機能などが搭載されています。

もちろん、どちらのモデルも実際に星座盤や月盤として使用することもできるので、「時を愉しむ」カンパノラのテーマを踏襲したものとなっていますね。

どちらもロマンチックで素敵な機能とデザインを持っているので悩んでしまいますね。
星座盤モデルである「COSMOSIGN CTV57-1231」には、なんと1027個もの恒星と、アンドロメダ銀河やオリオン大星雲などの星団・星雲が象られており、さらにはそれを覆う透明感溢れるサファイアガラスによって、時計盤の上にまるで本当の星空を覗いているかのような幻想的な宇宙が広がっています。

いかがでしたでしょうか。
カンパノラの中でも特にロマン溢れるコスモサインモデル。
まさに「個性を愉しむ」カンパノラだからこそできたものだと言えます。
そもそも時間とは、天体の動きから導き出された概念であり、宇宙と時間は切り離すことのできない関係です。
時間という宇宙の法則を切り出して、この小さな時計に詰め込むということに挑戦するコスモサインモデルは、まさに「小さな宇宙」と言っても過言ではありません。