スタッフブログ

SEIKO GALANTE SBLL-011の魅力とは?

 

前回SEIKO GALANTEの歴史や、その歴史から読み取れる魅力についてお話ししました。
「非日常での感情の発散」をテーマにした、非常に独創的なブランドでしたね。

今回はそんなセイコーガランテで、初めてとなる「機械式メタルブレスレット」の腕時計である「GALA SIGN」モデルのひとつ「SEIKO GALANTE SBLL-011」をご紹介致します。

「GALA SIGN」モデルの大きな特徴として、これまでガランテブランドの時計には入らなかった「ロゴ」があしどられていることが挙げられます。
「GALANTE」の頭文字である「G」を時計盤に象り、光に当たることで一層煌めくため、その個性を強く感じることができます。

GALA SIGNモデルは大人の男の「本気の遊び」を応援する、新しい腕時計として開発されました。以下ではその遊び心をいくつかご紹介していきます。

そんなGALA SIGNモデルのひとつ「SBLL-011」では、写真を見て頂ければわかるように真っ白な時計盤を挙げることができます。
GALA SIGNは水色で縁取られ、中の機械式ムーブメントを除き込むことが可能となっています。

普段は背景の純白にまぎれその個性が隠れてしまっているように見えますが、光を浴びればGALA SIGNが存在感を現すという遊び心が含まれていますね。
背面も一部がシースルーとなっており、その精密な機構を覗き込むことが可能です。
大人の男にとってはたまらないアクセントのひとつです。

また、時計盤は大きめのサイズとなっており、純白の時計盤も相まって非常に存在感のある一本となっています。
これはガランテを通しての特徴となりますが、ガランテのメインテーマである「非日常」「個性」を演出するため時計の存在感を最大化するためのものだと思われます。

また、ムーブメントには嗜好性の強い機械式が使われていることもこだわりの一つです。
先に述べた機械式ムーブメントの機構の美しさを覗くことができるのに加え、機械式ムーブメントはクオーツ式ムーブメントに比べ、メンテナンスや取り扱いでの注意が多く必要となりますが、適切な処置を行い続ければ何十年にも渡って使用することができるので、ガランテの追求する”自分らしさ”を表現するために愛着を持って使用し続けることができます。

いかがでしたでしょうか。
SBLL-011には機械式ムーブメント、大きくて真っ白な時計盤といった特徴がありました。
今回は男性向けの「SEIKO GALANTE SBLL-011」をご紹介しましたが、ガランテには女性向けのモデルも数多く用意されています。
是非セイコーガランテから自分の個性を光らせる一本を探してみてはいかがでしょうか。